PlusEta

After Effectsを使った2Dアニメーションの虜

みことちゃんのひみつ道具 6.0バージョンアップします!!

新作の情報も出したいのですが、まだ決まっていないことがあるのでもう少々お待ち下さい。

とりあえず確定情報としてお知らせです。
新作に『みことちゃんのひみつ道具』のアップデートパッチ6.0を先行同梱します。

合わせて近日中に『みことちゃんのひみつ道具』をVer5.0に無料アップデート致します。
お値段据え置きがずっと続いたので今回300円ほど価格を上げる予定ですのでご購入は
お早めにお願いします。
※すでにご購入頂いている方には価格変動は関係ございません。


本来は5.0が最後のつもりで腹ボテENDシーンを作りましたが、販売本数を考えるとこれはもうやっちゃいます。
販売当初の目標500本を超えて大幅に成長することが出来ました。
実際には1.0→2.0の時に嬉しくなって2シーン追加とかしていたので実質7.0になります。

本当に皆様のおかげて成長している作品なのでこれからも大事にしていきたいと思います。
それではお楽しみに。

E-mote Ver3.5リリース

Live2Dと並んで静止画アニメ専用ツールのE-moteがバージョンアップしました。

どちらもPSDが直接読み込める様になってから横並びな気がしてますが、ついに来ました!!
買切りプラン!!

今までは年間契約だったので無期限利用は非常に魅力的です。

厳密には『E-mote Movie Maker』という動画出力特化の機能限定版になります。
SDKが付属されていないので吉里吉里などでキャラをリアルタイムで動かす機能は無くなります。これでも連番出力画像で動かすことは出来そうです。

利用期限が無く税込み97,200は高い?安い?
ただここで問題なのはメジャーバージョンアップ対象外

バグによる修正は無料ですが、4.0などは対象外でまた新たに購入する必要があります。
3.5を持っている場合は2万くらいのアップデートプランが欲しいところです。
アップデートが半年毎とか期間が分かっていればいいのですが、不定期なのでどちらがお得なのか分からないのでものすごく購入しにくい感じです。

それとE-mote1タイトルプランも合わせて来ました。
今までは1年契約だったものがゲーム1本に対して2年間使えるプランが出来たみたいです。
1本108,000で2年間使えるのであればなかなか安い気がします。
ただ、同人で1本10万はお高いです・・・。商業向きでしょうね。

商業AEアニメ界の星!!

ついに待ち遠しかったあの作品が出ます!!
美少女万華鏡-神が造りたもうた少女たち-
低価格商品なのにこの絵のクオリティ!!そしてAEアニメまでハイクオリティ!!
もう非の打ち所が無い作品コンセプトです。
さらに今回は動画増量!とのこと。

楽しみで仕方がありません!!

追加画面エフェクト(仮)

ゲーム中に見た目を変えられる画面エフェクトという機能があります。

今回のゲームを盛り上げる為にさらにエフェクトを4種類追加予定です。
まだ実装して試していないのであくまで仮でお願いします。

通常のペロペロ動画。

追加【百合】フィルタ
前作の【回想】【覗き】と同系統で画面が桃色状態になります。


追加【レース】フィルタ
見た目をゴージャスにして華やかさをプラスします。


追加【薔薇】フィルタ
定番?の花が咲きます。


追加【乙女】フィルタ
こちらも少女漫画の定番のキラキラエフェクトになります。

もちろん同時に使用することが出来ます。

百合+薔薇+乙女でだいぶ雰囲気を盛り上げることが出来ると思います。

実装した際には使って頂ければ幸いです。

大先生の教え

色々とアイディアをひねり出していた所でふとアレを試してみたくなりました。

青年誌で普通?に表現されているので問題ないと思います。

ただの顔のアップです。
急に画風が変わって違う瞳の描き方を試しているだけです。

DMMでカラー版も発売されているので販売サイト的にはOKなはずです。
その辺のコマをカラーで見たけどさすがに抑えめな感じでした。

尻尾の皺や蛇口の反射なんかはやっぱりモノクロ表現で、そこからは読者の妄想補間が一番なのかもしれません。

画像はエフェクト効果がバリバリ乗っていますが普通に瞬きして動きます。
最近慣れてきたおかげでPhotoshopで表現出来る色味はそのままAfter Effectsに持っていけるようになってきました。

モザイクとの戦い

全然情報が出せてなくて申し訳ないです。なのでちょっとだけ

今回DMMでモザイクが必要になるのは1シーンのみとなります。
それ以外はモザイクが掛からない!!予定です・・・。

■無修正予定のサンプル
※上が大型オナホールで下が主人公になります。

スジに関しては前作で確認済みなのでこれはOKでしょう。
そして、左上に転がっている玉付きディルドを装着!!
dmm

主人公もこの角度なら多分大丈夫だと思います。

うまくいけば結合部までバッチリ楽しむことが出来るかもしれません。

ハードル的には非常に高いですがチャレンジしてみたいと思います。

気になる一品

今年も色々とAEアニメゲームが出てます。

その中でとっても気なる作品がこちら。
IRONBELLさんのDOKIDOKIひとりえっち! さとみちゃん
dmm
どこかで見たシチュエーション!!どこかで見た注意書き!!
最高です!!

DMMだとディルドーにモザイクが無く楽しめました。

これDLsiteだと全アウトだろうなぁ・・・

明けましておめでとうございます。

ニコ生見ながらぬくぬくの年明けとなりました。


作業の進み具合としてはもうすぐ絵素材がすべて終わります。
いつもは素材→動画→素材→動画・・・と描いたものから動画にしていましたが、今回は先に
絵素材を作ることにしました。

どっちが正解かは分かりませんが、色々な進め方を試したいです。
今回は目を引くカットを幾つか仕込めていると思うので、ご期待頂ければ幸いです。

それでは今年もよろしくお願い致します。

年末のマモノのマモノ

今年も残す所あと数日だというのにまだまだマモノが湧いてきます。
dmm
DMMで一番売れたであろうあのヒメカノの続編!!
初め見た時はリアルすぎてアイコラにしか見えない肌の質感と液体描写で驚愕しました。
精液がレンダリングなのかレタッチなのか分からないけどリアルでエロすぎ!!

相変わらず主人公のおっさんはキモいです。

そしてついでにもう1作品。
dmm
動画作品でお馴染みの梅麻呂さんがヒメカノでブームになった3Dコミックを出しました。
大抵2番煎じはしょんぼりなものになりがちですが、動画ではなく静止画になることでより
クオリティを上げた作品に仕上がってます。

最近の3Dレベルが上がりすぎて怖いです・・・十数年前はカクカクのポリゴンだったのに!!

年末のマモノ

動画作品は2D3D共に大好物で、今年はティンクルベルさんのが出ただけで大変満足な年でしたが、年末のマモノが来ました。
KENZsoftさんのガールフレンド・コンプレックス
dmm
う~ん、個人制作のレベルはどこまでいってしまうのだろう・・・。
世の中のソフトとハードのスペックが上がったことで制作ハードルが下がっているとはいえ、ここまでのものが出来てしまうのかと感動してしまいます。

After Effectsでも物理計算で乳揺れとか出来ればなぁ
大好評発売中です
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog